リサイクル会社で働きたいあなたのための資格情報サイト

>

リサイクル会社について

リサイクル会社での資格の位置づけ

まず、多くのリサイクル会社で入社時に取得しておかなければいけない資格というものはありません。
たとえ会社で推奨している資格があったとしても、それは入社してから取得すれば良いというところがほとんどです。
リサイクルに関する資格に国家資格はありませんし、実際に働きながら経験を積んで知識や技術を身につけていくほうが良いという考え方のところがほとんどです。
ただし国家資格がない分会社の中で独自の資格制度を設けているところが多く、それによって出来る仕事の幅が広がったり昇進に繋がったりするようになっています。
そのため外部の資格を無理に取ろうとするとよりは、まずは仕事を身につけて社内の資格に取り組むほうがおすすめです。

鑑定士は資格なのか?

よくテレビなどにリサイクルショップの鑑定士という人が出ていて、こんな仕事をしたいと思われる人もいるかもしれません。
ブランド品や洋服の鑑定をしていることを目にする機会も多いかと思いますが、残念ながらブランド鑑定士という公的な資格はありません。
もちろん同じようによく鑑定にかけられている宝石や美術作品などには鑑定士の資格というものが存在しています。
しかしブランド品や洋服などその他のものに関しては鑑定はしておらず査定をしているだけなのです。
ですから資格を取るということはできず、会社のもつ基準に沿って査定を行うことが仕事になります。
鑑定の仕事をしたいのであれば、会社の基準を学んで沢山の商品をみて目利きの技術を高めることが必要になります。